インターネット回線の契約についてまとめてみました

私は、ネット回線派!wifiよりもネット回線を選ぶ5つの理由とは?

 

有線によるネット回線の利用は、無線接続には無い多くのメリットが存在

 

 

プロバイダーと契約し、無線LAN機能付きブロードバンドルーターをインターネット回線と接続すれば、LANケーブルを接続しなくてもwifi経由で簡単にLANに参加したり、インターネットに接続することができます。

しかし、有線によるネット回線の利用は、無線接続には無い多くのメリットが存在します。wifi接続の場合、同じ家庭内でも場所によって電波が届きにくいことがあるほか、有線に比べ回線速度に限界があることがほとんどです。

通信速度の速い無線規格も存在しますが、使用機器だけでなくルーターも対応している必要があり、コスト面を考慮すれば現実的とは言えません。

また、プライバシーを守るため暗号化による送受信が必須となりますが、WEPでは全く意味がなく、WPAやWPA2を利用しても完全とは言い切れないのが現状です。





セキュリティ面は非常に強固?

 

 

 一方、有線接続であれば、そもそも機器とルーター間の通信時に傍受される危険性が無いため、wifiに比べセキュリティ面は非常に強固で、WEPやWPAで頭を悩ます必要がありません。

このため、重要なメールの送受信などでは、wifi接続ではなく有線接続を利用することが理想的です。

また、回線速度もwifiのように制限されることが無いため、使用機器の通信能力そのままで利用することができます。


有線ではLANケーブルが必要となるため持ち歩きには向いていませんが、家庭内や社内での利用であれば、wifiより有線の方が多くの面で適していると言えます。